ワインのソムリエの試験の内容にテイストや接客実技がある

ワインのソムリエの試験の内容にテイストや接客実技がある

ワインを提供するお店で働くならソムリエの資格を持っておきたいでしょう。筆記の他テイストや接客などがチェックされて合否が決まります。一度合格すれば、一生その資格は有効になります。簡単に取得できるわけではありません。

知識を問う筆記が一次試験になっている

資格には国家資格もあれば民間資格もあります。仕事に直結するものもありますし、趣味の領域のものもあります。ワインといえば通常は楽しむものになるでしょうが、ソムリエとなると職業の意味合いが強くなります。一応誰でもなることはできますが、より信用度を得ようとすると日本で行われる試験に合格する方が良いでしょう。一次試験の内容は知識などが問われる筆記になっています。幅広い専門的な知識を問われるので、少し知っているぐらいでは合格点を得ることができません。専用のテキストなどをしっかり勉強する必要があるでしょう。一次のみの合格率が30パーセントから50パーセントになっています。

実際にテイストをして味を判断する

ワインのソムリエといえばワインの専門家です。専門店やレストランなどで希望に合ったものを提案できる力が必要です。実際に飲まないとわからない部分もあるでしょう。ソムリエの試験には一次に合格した人に二次の受験資格が与えられます。内容は、実際に飲んで銘柄などを答えることになります。この時に注意をしないといけないのは、その他のアルコール飲料が含まれていることです。ブランデーやウイスキーなども入っていて、それらのこともきちんと当てる必要があります。合計5本出題されそれらの銘柄などをあてていくことになります。2次だけの合格率は60パーセントから90パーセントぐらいです。

店舗でのサービス実技能力が問われる

ワインのソムリエが働く場所としては、販売をしているお店、レストラン、その他お酒を提供する場などがあるかもしれません。何のためにいるかですが、客が求める商品を、専門的な知識や技術から提案するためです。機械的に答えればいいのではなく、オーダーメイドで答える必要があります。合格するには三次まで合格する必要があります。内容は、店舗でのサービスの実技が見られます。お客に扮した試験官に対して適切なサービスを行えているかが問われます。日常的な技術が見られるのみで、高度な技術は必要ありません。ただ基本的な技術は見られるので、中も必要です。落とすために行われるわけではありません。

まとめ

ワインのソムリエは、海外でも人気の資格ですが、日本でも資格があります。三段階からなり、筆記から、テイスティング、店舗での接客技術などが問われます。筆記部分をしっかり対策しないといけないかもしれません。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

ワインの資格を取得したい。その種類とは
ワイン関連の資格の難易度はそこまで高くないです
ワイン好きなら初心者向けの資格から取ろう
ワイン関連の資格を通信教育で取得出来ます
ワイン 資格費用について教えます
資格とってもワインを楽しむ人にアドバイザーする
ワインが腐らない理由を知って楽しむ
ワインの味を良好に保持して通販で購入する魅力とは
欧州のワインの産地の有名な国と特徴
ワイン関連の資格はスクールに通うだけでなく、独学でも取得することが出来ます
ワインが好きならカッコいいソムリエを目指す
ワイングラスの選び方でおすすめの方法
ワインのスペシャリスト、ソムリエの給料の実態とは
ソムリエのワインの飲み方を知っておく
ワインについての知識、ソムリエとは
ワインを選ぶソムリエの用語に対する造詣
味わい豊かなワインのテイスティングの流れ
知らないときっと恥をかいてしまうワインのつぎかたというもの
ワインは初心者でも楽しめるアイテム
ワインのセミナーで手軽に知識を吸収する
世界最古の歴史あるお酒の一つ、ワインを美味しくいただくための基礎知識
初心者でも迷わずに済む!おいしいワイン選び方
ワインに添加物が必要である理由
ワインはおしゃれができる飲み物
たくさんあるワインを楽しみ方を知ることでより味わう方法
ワインを上手に寝かせることで長期間おいしさを保つ方法
ワインの美味しさを知り、世界を広げる