ワインのスペシャリスト、ソムリエの給料の実態とは

ワインのスペシャリスト、ソムリエの給料の実態とは

ワイン好きにはとっては、憧れの職業とも言えるのが「ソムリエ」です。いつかなってみたいと夢見る方も多いことでしょう。ここで気になるのが、この職業の給料や待遇など、実際のところです。詳しく解説していくので、参考にしてみてください。

気になるその初任給について。平均的です

ワインのスペシャリストであるソムリエという仕事は、ワイン文化が日本でも広まるにつれて、ニーズが高まっている職業です。レストランなどでワインを提供してもらう場合には、ソムリエがいると非常に助かります。料理とワインの組み合わせを、じっくりと楽しむことができるでしょう。こんな素敵な職業に憧れを抱く方も多いはずです。しかし仕事として選ぶ以上、「憧れ」だけで選ぶのは危険です。まず気になるのがソムリエという職業の給料についてですが、初任給の平均は、約20万円前後と言われています。その他の職業と比較しても、ごく平均的だと考えてよいでしょう。

ソムリエとしてステップアップしていくためには

記事のイメージ画像

ソムリエという仕事は、非常に奥が深く、そしてやりがいもある仕事です。ソムリエの勉強をスタートしてみると、世界の奥深さに気付かされることでしょう。就職したからといって、油断は禁物です。日々進化していくワインと料理の世界に対応するため、勉強を続けていく必要があります。より知識や技術を深めるため、また職場での立場を良くするためには、より上級資格を手に入れるために努力するのもオススメです。資格を取得した人に対して、資格手当が加算されたり、特別ボーナスが支給されることは珍しくありません。会社から認められることで、自分自身のモチベーションアップにもつながるはずです。

とはいえ、まずは「なる」のが大変です

ワインをおすすめする仕事に憧れを抱く気持ちもわかりますが、就職できるかどうかは、まだまだ運次第と言っても過言ではありません。活躍の場は広がっている職業ですが、それ以上に希望者が多いこともあるためです。このために、まずは希望の就職先を見つけるために、ワインに関する知識を深め、資格を取得しておくというのもオススメの方法です。資格を持っていることで給料面でもプラスがある場合は、なおさら先に勉強しておくのがオススメです。ソムリエの資格は、飲食店やアルコール販売店に勤務している人を対象に受験資格が与えられるもの。まだ働いていない場合には、一般向けの資格を取得するのがおすすめです。

まとめ

ソムリエとして働いたときに給料について、そしてその先の給料アップのための対策などに関する情報はいかがでしたか。本気でソムリエを目指すのであれば、資格取得のための勉強は欠かせません。自分のペースで学べる方法を見つけてみてください。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

ワインの資格を取得したい。その種類とは
ワイン関連の資格の難易度はそこまで高くないです
ワイン好きなら初心者向けの資格から取ろう
ワイン関連の資格を通信教育で取得出来ます
ワイン 資格費用について教えます
資格とってもワインを楽しむ人にアドバイザーする
ワインが腐らない理由を知って楽しむ
ワインの味を良好に保持して通販で購入する魅力とは
欧州のワインの産地の有名な国と特徴
ワイン関連の資格はスクールに通うだけでなく、独学でも取得することが出来ます
ワインのソムリエの試験の内容にテイストや接客実技がある
ワインが好きならカッコいいソムリエを目指す
ワイングラスの選び方でおすすめの方法
ソムリエのワインの飲み方を知っておく
ワインについての知識、ソムリエとは
ワインを選ぶソムリエの用語に対する造詣
味わい豊かなワインのテイスティングの流れ
知らないときっと恥をかいてしまうワインのつぎかたというもの
ワインは初心者でも楽しめるアイテム
ワインのセミナーで手軽に知識を吸収する
世界最古の歴史あるお酒の一つ、ワインを美味しくいただくための基礎知識
初心者でも迷わずに済む!おいしいワイン選び方
ワインに添加物が必要である理由
ワインはおしゃれができる飲み物
たくさんあるワインを楽しみ方を知ることでより味わう方法
ワインを上手に寝かせることで長期間おいしさを保つ方法
ワインの美味しさを知り、世界を広げる