ワインについての知識、ソムリエとは

ワインについての知識、ソムリエとは

ワインとはその味わいの深さ、見た目の気品など奥深いものがあります。専門家として、ソムリエと呼ばれる方もおりレストランによってはソムリエがワインの給仕を行うところもあります。フランス料理を始め、最近では居酒屋さんなどにも置いてあるところもあり、好んで飲まれるという方も多いでしょう。

ワインに関する知識や種類について

ワインは、世界でもっとも多くの地域で、親しまれ飲まれている、アルコール飲料の一つです。主にぶどうの果汁を発酵させたもので日本では果実酒に分類されます。主に赤・白・ロゼの3種類のものがあります。赤の場合は、白に比べて渋みの成分であるタンニンを多く含み、長期の保存ができるようになっています。白の場合は、タンニンが微量であり渋みが少ないため口あたりが滑らかで、アルコール度数も低いものもあります。熟成などを考えると、熟成にはタンニンやポリフェノールが必要といわれており、長期熟成タイプのものとしては赤ワインがほとんどといわれています。

製造方法と食事への一般的な合わせ方

原料や製造方法により出来上がる種類が違ってきます。赤は赤ぶどうや黒ぶどうを原料としており、果実を丸ごと発酵させることで製造しているものです。白は白ぶどうなどの果実のみを発酵することで製造しています。ロゼに関しては、製造方法自体様々で、赤の製造方法で果皮の色の薄いものを原料としたり、白の製造方法で赤に使う原料のものを使っていたりと様々で、ピンクワインも呼ばれることもあります。好みはありますが、食事への合わせ方も様々です。赤は渋みがあるものが多く、濃厚な風味のものは肉料理に合うとされています。白では酸味の強いものなどは、一般的に魚料理に合うとされています。また、辛口から極甘口まで甘さに幅広いものがあり飲みやすいものも多いでしょう。

ソムリエの役割や、魅力に関して

ソムリエとは、元々の語源としては荷物を運ぶ動物を扱う人のことをいいます。実際の役割としては、お客様へのワインの選定や提供を行うことをいいます。ワインの説明なども必要となる場合が多く、知識を豊富に持たなければなりません。また、それ以外でもワインの管理を行うことも重要な仕事であり、在庫管理や品質管理をしっかりと行い、質の高いものをお客様に提供していくことが求められます。またソムリエの魅力とは、その場がお客様にとって最高に心地よい空間となるようサービスを行うことだと考えます。お客様と直に接するものであるからこそ感じられる喜びがあるでしょう。

まとめ

ワインは知れば知るほど奥深く、惹かれる方も多くあり、これが世界で好まれ飲まれている理由でしょう。高価なものや貴重なものもあり、記念日などでも見た目としても豪華となりプレゼンなどにも喜ばれることが多いでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

ワインの資格を取得したい。その種類とは
ワイン関連の資格の難易度はそこまで高くないです
ワイン好きなら初心者向けの資格から取ろう
ワイン関連の資格を通信教育で取得出来ます
ワイン 資格費用について教えます
資格とってもワインを楽しむ人にアドバイザーする
ワインが腐らない理由を知って楽しむ
ワインの味を良好に保持して通販で購入する魅力とは
欧州のワインの産地の有名な国と特徴
ワイン関連の資格はスクールに通うだけでなく、独学でも取得することが出来ます
ワインのソムリエの試験の内容にテイストや接客実技がある
ワインが好きならカッコいいソムリエを目指す
ワイングラスの選び方でおすすめの方法
ワインのスペシャリスト、ソムリエの給料の実態とは
ソムリエのワインの飲み方を知っておく
ワインを選ぶソムリエの用語に対する造詣
味わい豊かなワインのテイスティングの流れ
知らないときっと恥をかいてしまうワインのつぎかたというもの
ワインは初心者でも楽しめるアイテム
ワインのセミナーで手軽に知識を吸収する
世界最古の歴史あるお酒の一つ、ワインを美味しくいただくための基礎知識
初心者でも迷わずに済む!おいしいワイン選び方
ワインに添加物が必要である理由
ワインはおしゃれができる飲み物
たくさんあるワインを楽しみ方を知ることでより味わう方法
ワインを上手に寝かせることで長期間おいしさを保つ方法
ワインの美味しさを知り、世界を広げる