ワインを選ぶソムリエの用語に対する造詣

ワインを選ぶソムリエの用語に対する造詣

記事のイメージ画像

日本においても一時期のブームを経て、ワインがすっかり定着しています。高級レストランなどではワインを中心としたアルコール飲料の説明を行い、食事にあった飲み物を勧めてくれるソムリエが置かれるようになりました。

レストランにおけるアルコール選び

ソムリエという用語は、元々荷物を運ぶ動物を扱う人のことを指す言葉がその由来だったと言われています。マットレスやベッド台などと訳される場合が多くなっていますが、当時は王侯貴族の旅行などに同行して荷馬車などで荷物を運ぶ人を指して使われていた言葉でした。これが徐々に変化し、宮廷の中で事やぶどう酒の管理をする人を指して使われるようになりました。現代のレストランにおけるソムリエの役割は、レストランなどに食事に来た客に対してアルコール飲料を紹介する黒服の制服に身を包んだ人です。格式のあるレストランでは、黒服のソムリエが置かれ、ワインに関するアドバイスを行います。そして、アルコール類テーブルまで運び、試飲や提供まで行うのが仕事です。

ソムリエの仕事と求められる素養

高級店で働くソムリエは、専任として雇われる場合が多くあります。品揃えが多いレストランにおいて顕著です。職場として考えられる形態の一つにビストロがあります。ビストロは、フランス語で居酒屋を意味する用語です。レストランよりも気軽に足を運べる雰囲気のお店です。この場合、レストランに勤務する場合とは異なり、ソムリエに専任するよりも、料理に関するサービスも含め、その一環としてワインについても勧めるなど、サービス全般を行います。料理にあったお酒を提案することで、客にも喜んでもらうことができます。仕事の基本は、客のワイン選びのお手伝いをして、飲み物を選んでもらい、サーブすることです。このため、アルコール類全般対する深い知識と用語に対する造詣が求められています。

アルコール管理に求められる知識や造詣

ソムリエは、働く職場によって専任、兼任の2通りの働き方があります。業務も多少の違いはありますが、果たす役割には違いはありませんので、アルコール類に対する知識が必要不可欠です。同じ赤でも、どこの、いつの製品を合わせるかも重要で、専門家としての腕の見せ所です。これに加えて、アルコール類の管理も重要な仕事の一つです。知識が豊富で、最適なワインを勧めるためには、提供するアルコール類の最適な管理がなされていることが前提です。中には、仕入れから在庫管理、品質管理までワインに関わるすべての仕事を担う、スペシャリストとしての役割を果たします。人によってはワインを中心とするアルコール類や飲料の流通や輸出入、販売、製造にまでに携わるソムリエもいます。

まとめ

ワインは、フランス料理のお婿さんと言われるように、料理に最適なアルコール類を合わせることで、料理とアルコール類をお互いに引き立て合います。ワイン選びに重要な役割を果たすのがソムリエで、深い知識や造詣が不可欠です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

ワインの資格を取得したい。その種類とは
ワイン関連の資格の難易度はそこまで高くないです
ワイン好きなら初心者向けの資格から取ろう
ワイン関連の資格を通信教育で取得出来ます
ワイン 資格費用について教えます
資格とってもワインを楽しむ人にアドバイザーする
ワインが腐らない理由を知って楽しむ
ワインの味を良好に保持して通販で購入する魅力とは
欧州のワインの産地の有名な国と特徴
ワイン関連の資格はスクールに通うだけでなく、独学でも取得することが出来ます
ワインのソムリエの試験の内容にテイストや接客実技がある
ワインが好きならカッコいいソムリエを目指す
ワイングラスの選び方でおすすめの方法
ワインのスペシャリスト、ソムリエの給料の実態とは
ソムリエのワインの飲み方を知っておく
ワインについての知識、ソムリエとは
味わい豊かなワインのテイスティングの流れ
知らないときっと恥をかいてしまうワインのつぎかたというもの
ワインは初心者でも楽しめるアイテム
ワインのセミナーで手軽に知識を吸収する
世界最古の歴史あるお酒の一つ、ワインを美味しくいただくための基礎知識
初心者でも迷わずに済む!おいしいワイン選び方
ワインに添加物が必要である理由
ワインはおしゃれができる飲み物
たくさんあるワインを楽しみ方を知ることでより味わう方法
ワインを上手に寝かせることで長期間おいしさを保つ方法
ワインの美味しさを知り、世界を広げる