味わい豊かなワインのテイスティングの流れ

味わい豊かなワインのテイスティングの流れ

ワイン(ぶどう酒)というアルコール飲料は、目で色などを見て、鼻でその香ばしさを感じ、舌で味わうといった基本的な3ステップをとっていくことで、より美味しく飲むことができます。この視覚・臭覚・味覚を満たすこのステップのことは、テイスティングと呼ばれます。

ワインのテイスティングに適した環境づくり

この、ワインのテイスティングを行う際には、いくつか留意しておきたい点があります。まず、その色を正確に確認するためには、汚れのない綺麗で透明タイプのグラスを使用する必要があります。また、グラスそのものに匂いがついていると、せっかくのワインの豊かな香りが損なわれてしまうので、無臭なグラスを用いるようにします。同時に、室内空間に芳香剤やタバコなどといった匂いが充満しないように気をつけましょう。そして、室内の照明も、極力明るくすることで、その色合いをより確かに見極めることができます。そうしてテイスティングにふさわしい環境が整ったら、グラスに少量を注ぎ、その後グラスを少し斜めに傾けながら、色の濃淡を目でチェックします。

色と香りにによる、品質見極めの目安

これから味わおうとしているワインに使用されているぶどうの種類により、その色には差が生じてきます。とくに、赤色のぶどう酒の品質は、その色合いからある程度判断することができます。その品質を色で見極める際の目安としては、薄ければ薄いほど、品質はあまり良くないものであるといえ、逆に濃い色のものであれば、質の良好なものであるということができます。さらに、にごりがなく澄み切った色合いを感じられるものであれば、鮮度の高いワインになります。そのようにして、目でその色合いをチェックし終えたら、次に鼻で香りを嗅ぎます。テイスティングで香りを嗅ぐ際には、通常3回ほど行いますが、時間の経過とともに、より熟成した香りを楽しむことができます。

舌の上を転がすようにしながら、味を確かめる

目で色合いをチェックし、鼻でその香りを十分に堪能したら、ワインを口に含み、どのような味がするのかどうかを確かめることとなります。テイスティング時には、ゴクリと飲みたい気持ちを抑えながら、わずかな量を口内に入れて、舌でその味わいを感じていきます。ワインには、甘味だけではなく、苦みや酸味などが融合して、独特の味わいをつくりだしているため、ゆっくりとその味わいを感じてください。これで、ご自宅などでの基本的なテイスティングの流れは以上となりますが、レストランなどでのテイスティングの際には、ホストとなる方が、ソムリエからラベルの確認やコルクの状態のチェックを求められるなどといったルールがありますので、最低限のマナーは抑えておくようにしましょう。

まとめ

ワインという飲み物は、目と鼻、そして舌で味わいを感じることのできる、香り豊かで飽きのこないものです。ご自宅などでのテイスティングの際には気兼ねなく楽しみながら行い、レストランなどでは必要最小限のルールとマナーを把握しておくようにしましょう。なお、レストランなどでは、テイスティングを自分に変わってソムリエに頼むこともできますので、リラックスしながらワインを味わってください。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

ワインの資格を取得したい。その種類とは
ワイン関連の資格の難易度はそこまで高くないです
ワイン好きなら初心者向けの資格から取ろう
ワイン関連の資格を通信教育で取得出来ます
ワイン 資格費用について教えます
資格とってもワインを楽しむ人にアドバイザーする
ワインが腐らない理由を知って楽しむ
ワインの味を良好に保持して通販で購入する魅力とは
欧州のワインの産地の有名な国と特徴
ワイン関連の資格はスクールに通うだけでなく、独学でも取得することが出来ます
ワインのソムリエの試験の内容にテイストや接客実技がある
ワインが好きならカッコいいソムリエを目指す
ワイングラスの選び方でおすすめの方法
ワインのスペシャリスト、ソムリエの給料の実態とは
ソムリエのワインの飲み方を知っておく
ワインについての知識、ソムリエとは
ワインを選ぶソムリエの用語に対する造詣
知らないときっと恥をかいてしまうワインのつぎかたというもの
ワインは初心者でも楽しめるアイテム
ワインのセミナーで手軽に知識を吸収する
世界最古の歴史あるお酒の一つ、ワインを美味しくいただくための基礎知識
初心者でも迷わずに済む!おいしいワイン選び方
ワインに添加物が必要である理由
ワインはおしゃれができる飲み物
たくさんあるワインを楽しみ方を知ることでより味わう方法
ワインを上手に寝かせることで長期間おいしさを保つ方法
ワインの美味しさを知り、世界を広げる