初心者でも迷わずに済む!おいしいワイン選び方

初心者でも迷わずに済む!おいしいワイン選び方

お酒の中でも特に敷居が高いとされているのがワインではないでしょうか。始めたいと思っているけど、なかなか始められないと躊躇する理由の一つに種類がとても多いという事があるのではないでしょうか。しかし、全部を覚える必要はありません。代表的ないくつかの種類を抑えるだけでおいしい商品は簡単に選べます。

大きく分けると三種類のワインがあります。

一口にワインといっても大きく分けると3種類あります。選び方を学ぶために、まずはその3種類の特徴を掴み、自分の好みを知ることから始めましょう。先ほど書いた3種類とは、赤、白、ロゼの3つです。赤ワインは黒ブドウを使って造られています。造り方は、黒ブドウを軽くつぶして果梗を取り除いてから果汁をブドウの皮やタネと一緒に発酵させて造っています。子の造り方によって綺麗な赤色が出て、独特の渋みを出す事が出来るというわけです。白ワインは白ブドウを使って造られ、使用するのは果汁のみで渋みは感じられません。ロゼワインは両者の中間的位置にあり、造るときも果汁のみの時もありますし、皮やタネを混ぜる場合もあります。

ブドウの品種、これだけは覚えておこう

実は使用しているブドウによって味が変わるのがワインの大きな特徴なので、おいしいものの選び方を知るにはまず、代表的なブドウの品種を覚えるのが一番の近道です。赤の場合、ボルドー系とブルゴーニュ系の2つを覚えておけば大丈夫です。ボルドー系の代表的な品種一つ目カベルネ・ソーヴィニョンと呼ばれている品種で、迷った時はこの品種を選べば間違いないといわれるほどです。熟成期間で味が全く変わるのが大きな特徴です。独得の酸味が苦手という人にはメルロ-と呼ばれている品種が最適です。カベルネ・ソーヴィニョンと比べるとまろやかな口当たりなのが大きな特徴です。ブルゴーニュ系にはピノ。ノワールなどの品種がありますが、商品によって味が変わるため、初心者はボルドー系が無難です。

白ワインはこの2品種を覚えておこう

次に白ワインですが、こちらも代表的なものが2種類あるので、その2種類の特徴を覚えておきましょう。その2種類とはシャルドネという品種と、ソーヴイニヨン・ブランの二つです。まず、シャルドネは最もポピュラーな品種で、迷った時はシャルドネを選べばまず間違いありません。シャルドネという名前はお酒屋さんでワインを見ればボルドーに匹敵するくらい、必ず目にする名前です。ブドウ自体がとても適応能力が高く、どんな土地でも育てることが可能です。もう一つの代表的な品種、ソーヴイニヨン・ブランは未熟期と完熟期でそれぞれ味わいが異なるのが大きな特徴です。

まとめ

突き詰めていけば幅広い知識が必要ですが、個人的においしい商品の選び方を知りたいというのであれば、それほどたくさんの知識は必要ありません。まずは上に書いた代表的な産地のものを いろいろ飲んでみましょう。飲み比べていけば、自分の好みに合うものが必ず見つかります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

ワインの資格を取得したい。その種類とは
ワイン関連の資格の難易度はそこまで高くないです
ワイン好きなら初心者向けの資格から取ろう
ワイン関連の資格を通信教育で取得出来ます
ワイン 資格費用について教えます
資格とってもワインを楽しむ人にアドバイザーする
ワインが腐らない理由を知って楽しむ
ワインの味を良好に保持して通販で購入する魅力とは
欧州のワインの産地の有名な国と特徴
ワイン関連の資格はスクールに通うだけでなく、独学でも取得することが出来ます
ワインのソムリエの試験の内容にテイストや接客実技がある
ワインが好きならカッコいいソムリエを目指す
ワイングラスの選び方でおすすめの方法
ワインのスペシャリスト、ソムリエの給料の実態とは
ソムリエのワインの飲み方を知っておく
ワインについての知識、ソムリエとは
ワインを選ぶソムリエの用語に対する造詣
味わい豊かなワインのテイスティングの流れ
知らないときっと恥をかいてしまうワインのつぎかたというもの
ワインは初心者でも楽しめるアイテム
ワインのセミナーで手軽に知識を吸収する
世界最古の歴史あるお酒の一つ、ワインを美味しくいただくための基礎知識
ワインに添加物が必要である理由
ワインはおしゃれができる飲み物
たくさんあるワインを楽しみ方を知ることでより味わう方法
ワインを上手に寝かせることで長期間おいしさを保つ方法
ワインの美味しさを知り、世界を広げる