たくさんあるワインを楽しみ方を知ることでより味わう方法

たくさんあるワインを楽しみ方を知ることでより味わう方法

ワインの楽しみ方を知ることで、たくさんの種類を1つ1つ味わいながら飲むことができるようになります。テイスティングの仕方や飲むタイミング、味の種類などを知っておき、その世界の広さを堪能できるようにしましょう。

ワインの味の表現の仕方を知っておき料理に合わせる

ワインの楽しみ方は料理との相性によって白や赤など、種類を選ぶ方法を知ることが第一です。ワインの味は甘みや渋み、酸味にアルコールから判別します。赤は渋みがあり熟成するほどまろやかになっていきます。白は軽くて甘いものが多くあります。ワインは発酵した後に糖分がたくさんあれば甘口になります。発酵がしっかりと進んでいけばそれだけ辛口になります。味をボディと表現されることもあります。ライトの場合は渋みが少なく飲みやすいものです。色も薄いです。フルボディは渋みとアルコールの強い味わい深いもので色も濃いです。その中間をとっているのがミディアムボディです。

封切るタイミングを知って香りを楽しむ

ワインを楽しみたいのであれば、飲むタイミングも重要です。ワインは冷やして飲むこともあれば常温で飲むこともあります。ホットワインという、温めて飲む方法もあります。適切な温度で飲むことでおいしい状態を味わえます。赤ワインの場合、コルクを開けて空気に触れるとタンニンが目覚めます。封を切った瞬間から香りと味が変化していきます。その変化を楽しむタイプもありますが、あまりに長く空気に触れさせると風味を損ないます。基本は飲む前に開けるようにします。熟成ものであれば、5,8年経ってから開封します。飲む30分から1時間前に開栓します。10年以上長期熟成ものは飲む直前か30分前です。熟成させないフレッシュなものは酸化させないことが大切なので飲む直前に開けます。

飲む前のテイスティングは楽しみ方を広げる儀式

ワインを飲むときの楽しみ方で欠かせないテイスティングをすることにより、奥深さを感じることができます。テイスティングではまず色を見ます。ただ色を見るだけではなく、その濃度や澄み具合を見ます。濁っていない、色の鮮やかなものほど美しいと言われています。次に香りを嗅ぎます。ブドウの香り豊かな物や、発酵による香り、熟成により醸し出されるふくよかな香りを楽しみます。グラスの脚の部分をもってそっと香りを嗅ぐようにします。空気に香りも変化しますので、その変化も楽しみます。そして口に含んで味わいます。テイスティングでは少量を口に含み、下の上で転がしながら味わいます。

まとめ

タイミングよく飲むことによって最高の味と香りを楽しめます。また、テイスティングで飲むだけはない魅力を知ることができます。味も色も香りもたくさんの個性をもっているお酒なので、テイスティングをしながらその奥深さを楽しんでください。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

ワインの資格を取得したい。その種類とは
ワイン関連の資格の難易度はそこまで高くないです
ワイン好きなら初心者向けの資格から取ろう
ワイン関連の資格を通信教育で取得出来ます
ワイン 資格費用について教えます
資格とってもワインを楽しむ人にアドバイザーする
ワインが腐らない理由を知って楽しむ
ワインの味を良好に保持して通販で購入する魅力とは
欧州のワインの産地の有名な国と特徴
ワイン関連の資格はスクールに通うだけでなく、独学でも取得することが出来ます
ワインのソムリエの試験の内容にテイストや接客実技がある
ワインが好きならカッコいいソムリエを目指す
ワイングラスの選び方でおすすめの方法
ワインのスペシャリスト、ソムリエの給料の実態とは
ソムリエのワインの飲み方を知っておく
ワインについての知識、ソムリエとは
ワインを選ぶソムリエの用語に対する造詣
味わい豊かなワインのテイスティングの流れ
知らないときっと恥をかいてしまうワインのつぎかたというもの
ワインは初心者でも楽しめるアイテム
ワインのセミナーで手軽に知識を吸収する
世界最古の歴史あるお酒の一つ、ワインを美味しくいただくための基礎知識
初心者でも迷わずに済む!おいしいワイン選び方
ワインに添加物が必要である理由
ワインはおしゃれができる飲み物
ワインを上手に寝かせることで長期間おいしさを保つ方法
ワインの美味しさを知り、世界を広げる