ワインを上手に寝かせることで長期間おいしさを保つ方法

ワインを上手に寝かせることで長期間おいしさを保つ方法

ワインは保存がきく飲み物です。ただし、おいしさを保ちたいのであれば、それなりの気配りをしなければなりません。瓶の置き方や扱い方、適切な保存環境の条件を知り、酸化を防止できればいつまでもおいしく飲むことができます。

長期間保存するときの注意点を掴んでおく

ワインを寝かせる場合、温度や湿度を気にする必要があります。そのため、ワインセラーで保存するのが一番です。特に長期間熟成させたい場合は、年間を通じて温度は14度程度に保ち、湿度は70%に保たなければなりません。さらに、日光が当たらないことはもちろん、なるべく暗いところで保存します。振動もあまりたたないところに置いておきます。ニオイも付くとよくありませんのでニオイがないところにおいてください。瓶にはいつのものか書いておきましょう。生産された年などはすでにラベルに記載されているかもしれませんが、購入した日は自分で書く必要があります。

家庭でワインセラーを使わずに寝かせる方法

ワインセラーがなくても大丈夫です。冷蔵庫を使って保存ができます。冷蔵庫は冷暗所として家庭で一番ベストな保存場所です。冷蔵庫の中でも野菜室が適しています。もし冷蔵庫もない場合は、床下収納などを利用してください。温度変化が少ないところを部屋の中で探してみましょう。部屋の北側に位置する押入れも、ひんやりとした静かな環境なので適しています。長期熟成となると難しいですが、常温で保存するのであればなるべくそのような場所に置くことで劣化を防ぐことができます。夏から秋にかけては日中の温度が上がるので常温は避けるようにします。冬場でも暖房をつけている場合は部屋の温度が上がりますし、冷たすぎる場所も問題です。適した場所に移動させましょう。

ワインボトルの扱い方で劣化具合が変わる

寝かせるときの置き方ですが、未開封の場合は横にしておいても大丈夫です。乾燥したコルクは瓶との隙間ができてしまうので、寝かせておけばコルクが湿り隙間ができません。開封した場合は横よりも立てておくようにしたほうが、劣化しづらいです。なぜなら、ワインが空気に接触する面を少なくできるからです。空気に触れれば触れるほど酸化が進むので立てるようにします。コルクは一度抜くと次にはめるときに瓶との隙間ができます。ラップをコルクに巻いてから栓をする方法である程度隙間をなくせます。中身を真空状態にできるワインストッパーという器具を使えば、鮮度をより保つことができます。

まとめ

ワインを上手に寝かせることで、おいしい状態を保つことができます。ワインセラーがないときは、温度や湿度、光や振動などに気を付けて保存しましょう。ボトルも開封と未開封では保存方法が異なるので、それぞれに適した方法で寝かせるようにしましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

ワインの資格を取得したい。その種類とは
ワイン関連の資格の難易度はそこまで高くないです
ワイン好きなら初心者向けの資格から取ろう
ワイン関連の資格を通信教育で取得出来ます
ワイン 資格費用について教えます
資格とってもワインを楽しむ人にアドバイザーする
ワインが腐らない理由を知って楽しむ
ワインの味を良好に保持して通販で購入する魅力とは
欧州のワインの産地の有名な国と特徴
ワイン関連の資格はスクールに通うだけでなく、独学でも取得することが出来ます
ワインのソムリエの試験の内容にテイストや接客実技がある
ワインが好きならカッコいいソムリエを目指す
ワイングラスの選び方でおすすめの方法
ワインのスペシャリスト、ソムリエの給料の実態とは
ソムリエのワインの飲み方を知っておく
ワインについての知識、ソムリエとは
ワインを選ぶソムリエの用語に対する造詣
味わい豊かなワインのテイスティングの流れ
知らないときっと恥をかいてしまうワインのつぎかたというもの
ワインは初心者でも楽しめるアイテム
ワインのセミナーで手軽に知識を吸収する
世界最古の歴史あるお酒の一つ、ワインを美味しくいただくための基礎知識
初心者でも迷わずに済む!おいしいワイン選び方
ワインに添加物が必要である理由
ワインはおしゃれができる飲み物
たくさんあるワインを楽しみ方を知ることでより味わう方法
ワインの美味しさを知り、世界を広げる